手作りで結婚式の招待状を作る場合、どのような文を招待状に記入していいのかわからない人も多いです。個性的な文面にしたいと考えるカップルも多いですが、文面には必ず入れなくてはいけない内容があるので、注意する必要があります。必ず入れる内容としては、時候のあいさつ、披露宴の日時、場所の案内、二人の氏名、差出人の氏名、出欠席の返事の締切日、会場への地図などを必ず入れた物にする必要があります。招待状の発送時期については、結婚式や披露宴の2ヶ月前までには発送するようにします。

名義については、以前は両家の親の名義で発送するのが一般的でしたが、最近では本人の名義で発送するカップルも増えています。両親の名前で出す場合と、両親と新郎新婦の両名の連名で出す場合では名前の記載方法に違いがあるので、注意する必要があります。発送する日付については、大安の消印が押されるように工夫しながら投函するようにします。結婚はとてもおめでたい事であるので、大安などの日取りを意識して、計画を持って行動する事が大切です。準備をしっかりと行う事で、素敵な結婚式が迎えられるようにしていく事は、自分達だけでなく招待する人への配慮にもなります。先日友人から結婚式の招待状が届きました。結婚式の招待状は基本式の2か月前くらいに届くものなので、届いた方にとっては先の予定を確認や調整しなければなりません。確実に行けるようならばなるべく早く返信はがきを出すのがおすすめです。

早ければ早いほど相手に結婚式を楽しみにしているという気持ちが伝わりやすかったり、人数調整がしやすくなり助かると思います。予定がわからない方でもなるべく早く返してあげることをおすすめします。料理の数やテーブルの数、送った側にとってみれば準備することは山ほどあって大変です。私は去年結婚しましたが、2か月前くらいからが一番準備に追われて大変でした。何を準備するのにも人数が早くわかっていないとなかなか決めることができないのでなるべく早く返信はがきを返してあげることで相手は助かると思います。また、返信はがきにおめでとう等のメッセージを書いてあげることでもらった側はとても嬉しく、幸せな気持ちになれます。私の友人の中でイラストやかわいくデコレーションして返信はがきを返してくれた子がいてとても嬉しかったです。些細な思いやりが相手を幸せな気持ちにしてくれると改めて感じました。相手に幸せな気持ちを感じさせてあげて下さい。