結婚が決まったら、結婚式に招待したい人へ招待状を送る事が必要になってきます。最近では、招待状を手作りにしたいと考えるカップルも多いので、文房具店や結婚関係のサイトでは、手作りのキットが良く売られています。手作りの魅力としては、自分達が考えるような物に仕上げる事ができる所と、結婚式場に依頼する場合よりも安く仕上げる事ができるという点にあります。多くの店ではキットを購入するだけで、必要な物が全て一式入っています。

価格も物により様々ですが、色々なタイプの物が豊富に揃っているので、自分達の気に入った物を探す楽しみがあります。また多くの物には、無料のテンプレートがつけられるサイトもあるので、これらを組み合わせる事で自分達の個性に合わせた物を作りだす事ができます。しかし中には、出来上がりがどのようになるのか、どんなタイプのキットなのかを、手に取って実際に見てみたいと思う人もいます。そんな時に便利なのが、サンプルが申し込めるサイトです。多くのサイトでは、サンプルを無料で頼む事ができるので、気になった商品を自分の目で確かめる事が可能です。そのため、まずは多くの招待状のサンプルを手に取って確認してみたり、文房具店で商品を見て決める事が望ましいです。結婚式の招待状が届いた場合、返信はがきの書き方にもマナーがあるので、マナー違反がないように気を付ける事が大切です。

まず、返信の期限は必ず守るようにします。中にはどうしても出席できない人もいますが、欠席する場合にも必ず期限までに返信するようにします。しかし欠席する際には、あまり早めに返信するのは良い印象を与えない為、まずは電話で事前に報告をした後に返信をするようにします。返信はがきの書き方については、御や御芳の文字を2本線で消した後、一言のお祝いのメッセージを記入する事が大切です。2本線で消す以外にも、寿の文字を使用して消す場合もあるので、自分の使用したい方法を用いるのがいいです。欠席する際にも、お祝いのメッセージを記入した後に欠席の理由を記入しますが、暗い内容の理由については詳しい内容を記入しないのがエチケットになっています。宛名面については、行の文字を2本線で消して様に書き直します。このように、結婚式の招待状を返信するにあたり、様々なマナーがあるので注意する事が大切です。マナーを知らずに返信する事で、自分だけでなく新郎新婦側にも迷惑がかかってしまう事があるので、マナーを守った書き方が大切です。