みなさんの中には、結婚式の招待状の返信の書き方について知らないので、知りたいという方もいらっしゃると思います。初めて出ていただく結婚式の招待状では、書き方がわからなくて、返信を出すのに時間がかかってしまうという事もありますから、前もって知っていただくようにすると良いと思います。一般的な書き方としましては、ご出席またはご欠席となっている場合には、ごの部分を横に二本線で消していただき、どちらかを囲っていただくようにすると良いと思います。

もしも出席される場合には、楽しみにしていますなどの一言を添えていただくのも、良いと思いますし、欠席される方は、式場への手配もありますから、その部分をよく考えていただき、できるだけ早めに返信していただくのが良いでしょう。本当は出席したかったのですがという思いが伝わるようにしていただくのも良いと思いますので、お二人を祝う気持ちが出るような返信にしていただくようにすると良いと思います。お二人にとっては大事なゲストにあたりますので、招待状が来た方はしっかりと準備していただき、早めに返信していただくようにすると良いと思います。結婚式は全く同じという事はありませんから、一回一回を大事にお祝いするようにする事をおすすめします。多くの人にとって結婚式は、人生の中で最大のイベントの一つになると思われます。近年は結婚する二人が理想に描くような式を挙げれるように、多くのホテルや結婚式場が、様々な趣向を凝らした環境や演出を用意しており、自分の望む形の式典にすることができるようになっています。

結婚式は当日のスケジュールもさることながら、それまでの準備にかなり時間と力を使います。式場の下見や食事の選定、招待客への招待状の発送や引き出物の手配など、数多くのことを当日までに準備していきます。式場によっては、意向を伝えておけば一括してほとんどのことを代行して、当事者は確認程度のことをすれば事足りるようなサービスもありますが、やはり自分たちの式は自分たちで作り上げたいという思いから、招待状や席次表などは自分で用意し、当日の招待客に感謝の気持ちを少しずつ綴るなど、手作り感を大切にしたいという思いをもっている人もいるのではないでしょうか。そして忘れてはいけないのが、数十人の招待客をもてなす式場、スタッフ、料理などを用意しようと考えると、やはりどうしても数十万円から数百万円の費用が必要になります。二人の幸せの為にと、思いをひとつにして結婚資金を貯めるのも、結婚の準備といえるのかもしれません。その先に迎える日こそが、人生で最高の一日になるのではないでしょうか。